次世代 iPhone 14シリーズ専用ケースからわかるカメラの巨大化

iPhone 14シリーズ、特に6.1インチProモデルでは裏面のかなりの範囲がカメラハウジングであることが用ケースからわかった。【macrumors

iPhone 14シリーズでは、超広角カメラにアップグレードされることが期待されているが、iPhone Proモデルではメインとなる広角カメラが大幅に改善され、望遠レンズが搭載される可能性がある。

また、iPhone 14 Proモデルには48メガピクセルの広角カメラが搭載され、現在の12メガピクセルのカメラよりも大幅に改善され、8Kビデオ録画機能も搭載される可能性もある。

しかし、カメラ機能の高性能化と引き換えにiPhone初代から引き継がれるシンプルなデザインからかなりズレてきたような気がする。