新しい形のiPad Pro用Magic Keyboardの分解バラし

iPad Pro用Magic Keyboardが分解バラしされずにレントゲン撮影された詳細な画像が公開された。【ifixit】

iPad Pro用Magic Keyboardは、フローティングデザイン、バックライトキー、トラックパッドを採用したiPad Pro専用のキーボードだ。

キーボード付カバーというアクセサリ分類の製品であり、本来なら分解バラしの対象となるようなその内部に興味があるモノではない。

しかし、この薄いデザインにバックライトキーとトラックパッドをデザイン。さらに、新しいフローティング構造がかなり気になる。

そこでレントゲン撮影による内部の解析が行われたのだ。

その画像がこれだ。

美しい‥。

構成パーツで最も部品点数が多いのが iPad Pro を支える強力なマグネットだろう。iPad Pro 本体側に配置されたマグネットは、バッテリ部分を避けた上下に配置されているのだということもわかる。

ヒンジ部分も小さいが、かなり強力そうなスプリングが配置されている様子も見える。これがフローティングの肝なのだろう。

パームレスト部分左右の真っ黒に写っている部品も気になる。

これは、キーボードとパームレストを安定させるための重りだ。

iPd Pro用Magic Keyboardの重量を増す要因となっているが、これがないとフローティング構造は実現できなかったのだ。

iFixitでは、他にも詳細な画像が公開されているので分解バラしマニアは確認を‥。